給食

チーズを使ったお勧めレシピ

そのまま食べても美味しいですが、様々な料理にも活用することができるチーズは、万能な食材であると言えます。
とろけるチーズをトーストやドリア、カレーなどにかけると、ワンランクアップした味わいになりますし、オムレツなどに入れればトロリとした仕上がりになります。
洋食だけでなく、和食にも合い、お肉や魚、野菜など多くの食材との相性も良いです。

最近では、チーズフォンデュも人気で、家庭で楽しめるようなセットも販売されています。
このように、多くの場面で活用されているチーズですが、その中でも手軽に家庭でできるオススメのレシピをご紹介いたします。
材料の主役は茄子。

実は、茄子とチーズはとても相性が良いのです。
必要なものは、茄子とピザ用のとろけるチーズ、パスタ用などのレトルトのミートソースです。
茄子を食べやすい大きさにカットし、水にさらします。

その後、茄子の水気を軽く切って、フライパンに油をひいて蓋をし、2〜3分蒸し焼きにします。
蓋を開けて焼き色がつくまで炒めたら、ミートソースをかけます。
ソースが温まったらチーズを好みの分量入れ、火を止めて再び蓋をします。

余熱でチーズが溶けてきたら、完成です。
これ1品でおかずにもなるのでランチにもピッタリですし、野菜嫌いな子どもにもオススメです。
材料も、家にあるようなものだけで作れるので、思い立ったときに作れるというのも魅力ですね。

もうひとつ手軽でオススメなのが、チーズリゾットです。
鍋の締めとして、ご飯とチーズを投入して作るということが多いと思いますが、一人暮らしの方などは鍋を作る機会も少ないでしょうし、なかなかチーズリゾットを食べる機会も少ないと思います。
そんなときにオススメな作り方が、残り物の冷ご飯を使ったものです。

フライパンに、リゾットに入れる材料(玉ねぎやしめじ、ウインナーなどお好みで)を傷め、火が通ったら牛乳を入れます。
コンソメと塩コショウで味付けをしたら、ご飯を投入。
お粥状になるように牛乳の量を調整してください。

とろりとしてきたらチーズを入れ、塩コショウで好みの味付けをしたら完成です。
冷蔵庫の在庫整理として活用してもいいですね。
このように、チーズは多くのレシピに活用でき、料理をワンランクアップさせてくれる力があります。
ご家庭に常備しておくと便利かもしれませんね。

Copyright(C) 2013 体に欠かせない栄養素が詰まった食べ物 All Rights Reserved.