給食

発酵していて美味しいチーズと腐ってしまったチーズの違い

チーズというのは、元々保存食です。
食品なので、賞味期限の表記はされていますが、その後でも美味しく食べることができることは多いようです。
チーズの中では乳酸菌など様々な菌が常に生きているため、食べられるまでずっと発酵を続けています。

発酵して美味しく食べられるように熟成したものもあれば、中には外部からの雑菌が付いて本当に劣化して腐ってしまったものもあります。
発酵したチーズは強い匂いがするのですが、それでも食べてみると美味しいというものもあるため、熟成しているのか、腐っているのか、それを見分けるには知識が必要です。
どういった基準で判断すれば良いのかご紹介しましょう。

まず、どんな種類のチーズにも共通しているのは匂いで見分けるという方法です。
弱ってしまっているチーズというのは、薬品のアンモニアと同じような刺激臭がします。
これはチーズの熟成した匂いとは全く違ったものなので、アンモニア系の匂いがしたらそのチーズは弱ってしまったものだということなので、避けるようにしましょう。

賞味期限内にも関わらず、チーズの表面にカビが出てくることがあります。
これは防カビ剤を使用していないという、新鮮なチーズである証拠でもあります。
なので、そのカビてしまった部分を切り取って食べれば問題ありません。

ただし、舌にピリピリとした刺激を感じる場合は、劣化してしまっているということなので、たとえ賞味期限内であっても食べないようにしましょう。
チーズは正しい保存方法をすることで、長く楽しむことができます。
乾燥させるとよくないのですが、かといってラップなどでしっかりと空気を遮断してしまうと呼吸ができなくなってしまうのでよくありません。
そのため、チーズ専用の保存シートや、オーブンシートでチーズを包み、保存容器や保存袋に入れて野菜室で保存するのがオススメです。
チーズによってはその他に適した保存方法があるので、チーズを購入するときにスタッフさんに尋ねてみるといいでしょう。

Copyright(C) 2013 体に欠かせない栄養素が詰まった食べ物 All Rights Reserved.