給食

乳酸菌豊富なチーズを食べてお腹を壊さない?

乳酸菌というのはお腹の調子を整えるために重要なものです。
乳酸菌を摂取することで、腸内の善玉菌を増やすことができ、それによって便秘や下痢などのお腹の不調を改善してくれる他、お肌の調子が良くなったり、免疫力アップにもつながります。
ただし、乳酸菌にも種類があり、人によっては合う合わないがあるのだそうです。

そのため、自分のお腹に合う乳酸菌入りの食品を選ばなければ、反対に下痢になってしまったりガスが溜まったりする可能性があるため、注意が必要です。
そんな乳酸菌が多く含まれている食材としてよく知られているのは、ヨーグルトをはじめとした乳製品ですね。
乳製品といえば、牛乳やヨーグルト、チーズが挙げられます。

しかし同じ乳製品にも関わらず、牛乳を飲むとお腹がゴロゴロしたり痛くなったりするという人が多いにも関わらず、ヨーグルトやチーズの場合は牛乳に比べるとそういった話をあまり聞かないのはなぜなのでしょうか。
実は、お腹がゴロゴロしてしまう原因となっているのは「乳糖」と呼ばれる成分がカギとなっています。
日本人の腸は、この乳糖を分解することができず、結果下痢になってしまうという乳糖不耐症である人が多いのです。

牛乳は、乳糖が多く含まれているのですが、ヨーグルトやチーズはこの乳糖があまり含まれていないために、お腹を壊すことが少ないのです。
牛乳を飲むとお腹がゴロゴロしてしまうという人は、乳糖が少ないヨーグルトやチーズを積極的に食べて、カルシウムや乳酸菌を摂取すると良いでしょう。
ただしチーズに関しては、牛乳などに含まれている栄養分がギュッと凝縮して作られたものであるため、少量でも多くの栄養分が摂取できるようになっています。
また、脂肪分も多く入っており、カロリーも高めなので食べ過ぎには注意が必要です。
チーズでお腹を壊すということは、牛乳と比べると少ないですが、万が一お腹に不調を感じるようであれば、サプリメントを使うなど違った手段で栄養を摂取すると良いですね。

Copyright(C) 2013 体に欠かせない栄養素が詰まった食べ物 All Rights Reserved.