給食

チーズ過剰摂取注意の理由

チーズは完全食品と呼ばれることもあり、近年では特にその豊富な栄養素に注目が集まっています。
牛乳の成分をギュッと凝縮して作られているチーズは、カルシウムやタンパク質だけでなく、ビタミンB2やビタミンA、乳酸菌なども豊富に含まれており、更に牛乳や小魚に比べてこれら栄養素の吸収率が良いとされています。
牛乳を飲むとお腹がゴロゴロしてしまうという人がいますが、これは牛乳に含まれている乳糖というものが原因です。

チーズは、製造段階でこの乳糖の量が減るために、牛乳のようにお腹がゴロゴロすることが少なくなります。
ですから、牛乳が飲めないという方は、チーズで補うことができますし、特にカルシウムを効率よく摂取してほしい成長期の子ども達には積極的に食べてもらいたいですね。
そんなチーズですが、いくら健康に良いと言われていても、過剰摂取は反対に健康を害することになってしまうということをご存知でしょうか。

チーズの過剰摂取によって、どんなことになってしまうのでしょうか。
まず、チーズは非常にカロリーが高く、脂肪や塩分が多く含まれています。
チーズに含まれているビタミンB2は、脂肪を燃焼したり身体につきにくくしたりする働きがあると言われていますが、それでも過剰に摂取すると肥満の原因となってしまいます。

また、普段から血圧が高めだという方も、塩分過多になって血圧が上がってしまう可能性があるので、注意が必要です。
そして、意外と知られていないのが、チーズの過剰摂取によって尿路結石になる可能性があるということです。
チーズには、結石の原因となるシュウ酸が多く含まれているため、過剰摂取することでシュウ酸カルシウム結石となってしまう可能性が高くなるのです。

また、チーズは完全食品だとはいえ、ビタミンCや食物繊維など、チーズに含まれていないような栄養素も多くあります。
そのため、やはり色々な食品をバランス良く摂取していく必要があるのです。
食事の中で、チーズを上手に活用していくことが一番だということですね。

Copyright(C) 2013 体に欠かせない栄養素が詰まった食べ物 All Rights Reserved.