給食

授乳中はチーズを沢山食べると良いって本当?

妊娠中や授乳中は、特に日常生活や食生活が気がかりになりますね。
どんなものを食べたらいいのか、何を食べたらいけないのか…色々な情報が飛び交う中で、色々な考えがあるのが乳製品についてです。
授乳中は、母乳を生成するために多くのカルシウムが必要となります。

そのため、授乳中は歯がもろくなってしまったり、骨が弱くなってしまったりということが起こりやすくなるそうです。
ということから、授乳中は乳製品を多く摂取すると良いと言われています。
中でも、少量で多くのカルシウムを摂取することができるチーズは最適であるとも考えられています。

果たして本当にそうなのでしょうか。
チーズには、多くのカルシウムが含まれている一方で、脂肪分も多く含まれています。
これは牛乳など他の乳製品も同様です。

この脂肪分というのは、摂取することで母乳を多く作ることができます。
母乳がなかなか出ないということで悩んでいる方ならば、1日に適量を守って摂取するのが良いでしょう。
しかし、よく母乳が出ているという人が摂取すると、母乳が出すぎて詰まってしまい、乳腺炎になってしまうことがあるため、注意が必要です。

母乳が出ないという人でも、脂肪分が多すぎる食事はドロドロとした母乳になってしまうため、詰まりやすくなったり母乳の質が低下したりしてしまうため、やはり食べ過ぎはよくありません。
授乳中はサラサラとした質の良い母乳を出すために、野菜を中心とした和食をメインで食べると良いと言われています。
かといって、脂肪分を全く摂らないというのも良くありません。

つまり、どの栄養素も摂りすぎることなく、バランスの良い食生活をすることが一番であるということなのです。
カルシウムに関しても、チーズなどの乳製品だけでなく、小魚や小松菜などその他の食材から摂取することも可能です。
子どもが生まれてすぐというのは、本当に忙しい日々が続きますが、大切な子どもの口に直接入る母乳ですから、質の良い母乳をあげられるよう、毎日の食生活には気を使うようにしましょう。

Copyright(C) 2013 体に欠かせない栄養素が詰まった食べ物 All Rights Reserved.