給食

チーズを食べてイライラ防止

現代の日本人には、カルシウムがとても不足しているそうです。
カルシウムは骨を生成したり、歯を強くしたりする働きがあります。
また、ホルモンバランスを整えてイライラを防止する効果もあると言われています。

そのため、成長期の子どもだけでなく大人もカルシウムを積極的に摂取する必要があるのです。
つまりカルシウムは生涯にわたって必要不可欠な栄養素であるということになります。
では、カルシウムはどういった食材に含まれているのでしょうか。

よく知られているのは牛乳や小魚です。
子どもの頃、牛乳を1日にコップ1杯は飲むようにと言われたことはありませんか?
もちろん牛乳や小魚にはたっぷりカルシウムが含まれているのですが、牛乳は人によってはお腹がゴロゴロしてしまったり、アレルギー反応が出てしまったりという人もいると思います。

小魚も、苦手としている子どもも多いのではないでしょうか。
そんな方にオススメなのがチーズです。
チーズは、牛乳に含まれている栄養成分がギュッと凝縮されたものです。

そのため、少量で牛乳を飲むよりもはるかに多くのカルシウムをはじめとした栄養素を摂取することができるのです。
商品にもよりますが、キャンディー型のチーズであれば、2粒で1日に必要なカルシウムをまかなうことができるとも言われています。
また、チーズは牛乳や小魚に比べてカルシウムの吸収率が良いと言われています。

牛乳のアレルギーやお腹がゴロゴロすることに悩んでいる人も、チーズはその原因となっている乳糖を取り除いて作られているため、安心して食べることができます。
チーズは脂肪分が多くて太りやすいのではないかと心配されている方もいると思います。
確かにチーズには脂肪分が含まれていますが、それと同時にビタミンも種類豊富に含まれています。

チーズに含まれるビタミンの中でも、ビタミンB2は、脂肪を付きにくくしたり燃焼させたりする効果があるとされています。
また、筋肉を作るために必要なたんぱく質も豊富なので、太りにくい身体づくりにも役立ちます。
少量でも手軽に豊富な栄養素を摂取することができるチーズ、これを普段の食生活に取り入れ、より充実した食生活を手に入れてみてはどうでしょうか。

Copyright(C) 2013 体に欠かせない栄養素が詰まった食べ物 All Rights Reserved.