給食

チーズは太る食品?

一見、脂肪分が多くて太る食材なのではないかと思われがちなチーズ。
チーズは大好きだけど、太るから…と避けたり我慢したりしているという方は多いのではないでしょうか。
そんな方に朗報です。

実は、チーズは太るどころかダイエットにオススメな食材なのです。
チーズがダイエットに向いているという理由をご紹介しましょう。
まず、注目すべきはチーズに含まれている豊富な栄養素です。

チーズにはタンパク質やビタミン、アミノ酸などが含まれています。
身体の筋肉というのは、タンパク質から作られているため、タンパク質を摂取することによって筋肉量がアップし、脂肪が燃えやすい身体を作ることができるのです。
タンパク質を摂取するといえば、肉類が思い浮かぶと思うのですが、肉は脂肪分が多くてカロリーオーバーになりがちです。

一方、チーズは脂肪分も含まれていますが、同時に脂肪を燃やす働きのあるビタミンも豊富に含まれており、また良質な脂であるために身体に蓄積されにくいのです。
肉に比べて、少量でも豊富な栄養素を摂取できるという点でもオススメです。
そのため、スポーツ選手が効果的に筋力をつけるために、肉類の代わりにチーズを食べることもあると言われているくらいです。

もうひとつのダイエット効果は、チーズは納豆やヨーグルトなどと同じ発酵食品であるため、ダイエットの味方である乳酸菌や酵素が豊富に含まれています。
身体の毒素を排泄するために、これらの栄養素は非常に重要です。
便秘の解消などにも一役買ってくれ、またチーズに含まれるビタミンAが健康な肌を作ってくれるため、美肌効果も抜群です。

いかがでしょうか。
チーズに対する見解も少しは変わってきたのではないでしょうか。
チーズは完全栄養食品とも言われており、本当に多くの栄養素が含まれているのです。

少量で満腹感も得られるので、小腹が空いたときのおやつ代わりにしても良いかもしれませんね。
ただし、食べ過ぎてしまうとカロリーオーバーになってしまいますから、あくまで適量にとどめるようにしましょう。
また、完全栄養食品とはいえ、食物繊維とビタミンCは含まれていないので、その他の野菜や果物も一緒に摂取しなければ栄養バランスが整わないので、注意が必要です。

Copyright(C) 2013 体に欠かせない栄養素が詰まった食べ物 All Rights Reserved.