給食

フランスのチーズは本当に美味しい?

フランスでは1年間で1人あたり日本の14倍もの量のチーズを消費しているそうで、それはなんと総量にして25キロ以上になるのだとか。
これは世界的に見ても第二位の量であるようです。
生産しているチーズの種類は世界で最も多く、1つの村に1種類あると言われているほどです。

フランス発祥のチーズは、フランスの地名や村の名前をつけているものも多いのだとか。
みなさんが良く知っているカマンベールも、村の名前が由来なのだそうです。
チーズは、世界中でも何百もの種類が存在しています。

その中でもフランス発祥のものは400種類以上存在しているのですが、フランス産というのはどこへ行っても人気が高いです。
フランスの気候は年中温暖であるため、チーズの生産にとても適しているそうです。
保存食としても活用されていたCheeseは、ローマ時代より前にはすでに存在していたと言われています。

そのためチーズに対する扱いも日本と比べて全く違い、原産地や製法を保護し、品質を保証する制度が存在しているそうです。
それほどチーズに対する意識の高さも違うのですね。
フランス産の中で最も有名なのは、世界3大青カビチーズと言われている「ロックフォール」です。

歴史の古いフランスのチーズの中でも最も古い歴史を持つもので、3か月から6か月の熟成期間を必要とする羊乳が原料であるものです。
塩分量が多いので、赤ワインなどとよく合うと言われています。
料理の材料に混ぜ込んだり、そのまま食べたりと、色々な食べ方ができます。

もう一つ有名なフランスCheese、前述した「カマンベール」です。
チーズの女王と呼ばれていたこともあり、柔らかめでクセもあまりないため、割と万人に好まれやすいのが特徴です。
そのまま食べたり、料理の材料にしたりすることができます。

この他にも、フランス発祥の世界的に有名なチーズはたくさん存在します。
昔ながらの製法を遵守し続けているフランス産のものは、通をうならせるほどの魅力にあふれています。
色々な種類を食べ比べてみて、お気に入りのフランス産チーズを見つけてみてはいかがでしょうか。

Copyright(C) 2013 体に欠かせない栄養素が詰まった食べ物 All Rights Reserved.