給食

チーズとワインの相性

チーズといえば、ディナーのオードブルに使用されたりお酒のお供に使用されたりすることが多い食材ですね。
特に相性が良いと言われているのがワインで、ワインを購入するときやチーズを購入するときには、それぞれの相性を考えて購入するという方も多いようです。
しかし、チーズにもワインにも多くの種類が存在しているため、どういった組み合わせが良いのかということで悩んでしまう方もいるのではないでしょうか。

そんな方のために、チーズとワインの基本的な相性の良し悪しについてご紹介しましょう。
まず、チーズは基本的に赤ワインの方が合わせやすいとされています。
好みの問題や選ぶ種類によっても違いがありますが、迷ったら赤ワインを選んでおくと良いでしょう。

そしてCheeseはなるべく匂いの強いものを避けるようにしましょう。
匂いが強いと、せっかくのワインの香りが楽しめなくなってしまいます。
ワインの香りはとてもデリケートなものなので、匂いの強いチーズとは相性が悪いのです。

ワインとチーズの原産地にも注目をする必要があります。
同じ地方のものや、近い産地のものを選ぶと基本的に相性は良いとされています。
これらが基本の選び方になります。

もちろん、実際に飲んだり食べ比べたりしてみると、自分の好みの問題も出てくると思うので、まずはこの基本の選び方から選んでみて、そこから自分の好みを模索していくと良いでしょう。
チーズには本当に沢山の種類が存在します。
同じフレッシュタイプにもモッツァレラやマスカルポーネ、白カビならばカマンベール、ハードタイプならばチェダー…
ワインも種類が数知れませんが、Cheeseだって種類が豊富です。

お気に入りの種類を選んで、そのチーズに合ったワインを選ぶという方法をとってもいいかもしれませんね。
その場合、ワインの販売店でスタッフさんに、自分のお気に入りチーズに合うワインはどんなものがあるのかということを尋ねてみると、ピッタリなワインをいくつか紹介してくれると思います。
色々なチーズとワインを試してみて、自分のベストの組み合わせを追求してみてはいかがでしょうか。

Copyright(C) 2013 体に欠かせない栄養素が詰まった食べ物 All Rights Reserved.